· 

謝らない人間は許されない

人に対して悪い事をした人間は、その人に直接謝るまで罪は許されない。

その人の心を傷つけ、台無しにしてしまった罪はとても重い。

必ず、面と向かって誠心誠意謝るまでは罪など許されない。

もちろん神も許さない。

その人に謝らずに、神に祈れば許されるなど思っているのはもってのほかだ。

神はその人に謝るまでの精神的なサポートをするだけで、その罪など滅ぼさないのである。

勘違いしている人間がいかに多いものか。

 

世の中は心だ。

人の心と心の繋がりで社会は成り立っている。

自分の犯した罪を、その人の心に対して誠心誠意で謝らないものは、必ずその罪をいつまでも背負い続けるのである。

迷惑をかけた人にしっかり謝らなければ、神は罪を滅ぼさない。

多くの罪人の人生が破壊されているのはこの為である。

初めは小さかったかすかな罪が、謝らない事でどんどんと大きくなり、やがて取り返しのつかない人生の破たんを招いた結果だ。

傷つけた人に謝らない罪人は、神も許さないのである。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

A person who does not apologize

 

 

A man who has done bad things to a person can not accept sins until he apologizes directly to that person.

The crime that hurt the person's heart and ruined it is very heavy.

Be sure to apologize sincerely towards the face, you can not forgive sins.

Of course God will not forgive.

It is a terrible misunderstanding that you think that if you pray to God that you do not apologize, you are forgiven.

God only supports spiritual support until apologizing to that person and does not destroy such sin.

How many people are misunderstanding?

 

The world is a mind.

A society is established by the connection between the person's heart and mind.

Those who do not apologize in good faith against their hearts will surely continue to carry their sins forever.

If you do not apologize well to the person you bothered, God will not destroy sin.

This is why the lives of many sinners are destroyed.

A faint sin, which was small at the beginning, grows steadily due to not apologizing, which eventually resulted in a failure of life irrevocable.

A sinner who does not apologize to the hurt is not allowed by God.