· 

直接謝らなければ、許されない

人の心を傷つけておいて、その人に直接謝らず、神に祈れば許されるというのは、自分が救われたいだけのエゴイズムである。

傷つけられた人は、何も癒されず放っておかれたままだ。

むしろ謝罪がないことで、傷ついた人は、さらにその傷で深く延々と痛み続けるだろう。

直接被害者に謝らない事には、罪は絶対に許されない。

神に祈っても駄目である。

それは加害者の自分が救われたいだけだからだ。

 

神に祈れば、人に直接謝るための勇気は与えてくれる。

しかし被害者に謝らないのであれば、罪は絶対に帳消しにはならない。

絶対に赦されない。

神がそんな都合のいい加害者だけを赦すだろうか?

逆にその罪を重い十字架として未来永劫、背負わせ続けるだろう。

 

直接謝らなければ、許されないのである。

逆に、直接謝れば許されるのである。

子供でも分かる事だ。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

If you do not apologize directly, you will not be forgiven

 

 

It is an egoism that only you want to be saved if you hurt a person's heart and forgive if you pray to God without apologizing to that person directly.

The injured person is left unhealed and left alone.

Rather, with no apology, those who are hurt will continue to ache deeply and endlessly with the wound.

It is absolutely impossible to sin for not apologizing directly to the victim.

It is no use praying to God.

It is because only the perpetrators want to be saved.

 

If you pray to God, you will give courage to apologize directly to people.

But if you do not apologize to the victims, sin will never be erased.

He is never forgiven.

Will God forgive only such convenient perpetrators?

On the other hand, the sin will continue to be held as a heavy cross in the future forever.

 

If you do not apologize directly, you will not be forgiven.

Conversely, direct apologies are acceptable.

Even children can understand.