· 

「人の可能性を潰す人」

「CROSS」四六判半裁
「CROSS」四六判半裁

「人の可能性を潰す人」

 

可能性?

とぼけたこと言うな。

お前にできるわけねえだろう!

 

そう両親に言われて育った私は、悔しさをバネにして、次々に可能性を伸ばしていったと思う。

親に何か批判される事を言われるたびに、自分の可能性を主張し、うるせえやつだと怒鳴られて、バカにされながら生きてきた。

離れて住む私を愛してくれた祖父母の前で、「こいつはバカですから」と父親に頭を殴られ、何度恥をかき涙を流したものか。。。

私の今までの人生は、自分の可能性を伸ばす孤独な戦いだった。

時には生きるか死ぬかの大げんかもし、何度、家を出て行けと言われたものか。

もし私ほど生命力が強くない普通の人なら、自死を選んでもう生きていないかもしれない。

 

早稲田大学も卒業し、今では日本美術家連盟の正会員となり、新構造社の委員に任命されて画家としてもプロになれ、山梨県のキャンプ場の社長にもなれた。

 

理解者のいない家族に囲まれて、安心感の少ない人生を歩んできた。

ずっと危険で、荒野ばかりを歩んできたと思う。

 

私が40歳を超えて、なお両親は、私の可能性を潰そうとする。

「そんなの、できるわけないじゃん。」

母親は口癖のように私を非難する。

私が新しいことをしようとして父親が激昂すると、決まって、「家を出て行け!」と今だに怒鳴りつけてくる始末だ。

 

家を出て行けば良いと思うだろうが、私の経済的な事情により出るに出られないのだ。

それを知っていてイジメてくるのである。

 

いつか見返してやろうと思って生きてきたが、気がついた時には両親はもう、何も自分でやろうとしないお年寄りになってしまった。

案の定である。

人の可能性を潰す人は、自分自身を潰して命を粗末にする。

こうやって、人にできないできないと押し付ける人間は、人生のラストステージで自分の可能性を本当に滅ぼしてしまうのである。