· 

『「さをり織り」を纏ったモデルデッサン』

「さをり織り」を着たモデル:AMIさん
「さをり織り」を着たモデル:AMIさん
モデル:AMIさん
モデル:AMIさん

ESSAY

『「さをり織り」を纏ったモデルデッサン』

 

 

今日は教室でモデルさんを頼んでいましたが、生徒は誰も居らず、講師の私1人とモデルさん1人の2人だけの教室時間となりました。

モデルはAMIさんです。

一枚10分でデッサンを描くのを、間に休憩を挟みながら、合計12ポーズ行いました。

その中で、彼女の手作りで作った「さをり織りワンピース」を着衣してもらい、何枚かデッサンさせていただきました。

実は、AMIさんは「さをり織り」を職場で学び、身の丈ほどあるワンピースドレスを拵え(こしらえ)ました。

そのハンドメイドを今回持参してもらい、着てもらったのです。

紫色と灰色とピンク色、あと肩のラインに水色で、格子柄で構成されたデザインで、とてもカラフルなドレスでした。

なんと言うかな、原始人風にガポッと着るスタイルでしたね。

あと彼女は昔、アルゼンチンタンゴをやっていたそうで、その時の金色のピンヒールも持参してもらい履いてもらいました。

ヒールの高いその靴を履くとお尻がピッと上がり、良いポーズが何枚も描けました。

 

さて「さをり織り」とは、均一的に機械で作る布に反対の意味を込めて、全てが手作りで感性に任せて不均一に「差」を織る織物のこと、を言うそうです。

「差」を織るので「さをり織り」と名付けられたそうです。

さをり織り創始者は「みさをさん」と言い、私の師:岡本太郎氏とその養女:敏子さんと親しかったようです。

常盤貴子さんがドラマで岡本敏子役で「さをり織り」を着たこともあります。

こうして私の教室で、たまたまモデルさんがお手製の「さをり織り」を着てポーズするなんて、太郎氏とののっぴきならない運命を感じますね。

私は岡本太郎氏の間接的な弟子でしたから、彼の死後に「さをり織り」でまた繋がったとは。。。

なんとも感慨深いものです。

 

AMIさんは顔も小さく小柄だけど、ボンキュッポンのグラマーなモデルさんです。

なので、彼女のたわわな胸や、もっちりした太ももの良さが活きるような格好とポーズをしてもらいました。

さをり織りは素晴らしいのですが、それを着ると寸胴になりスタイルの良さを殺してしまうので、ポーズ作りに苦労しました。

一部めくったりしてポーズしてもらい、スタイルの良さをアピールした格好でデッサンを行いました。

 

生徒のいない教室は、私はなかなか自由な気持ちで伸び伸びと描けます。

と言うのは、生徒を見守りアドバイスを投げかける気遣いがなく、何にも気にせずデッサンだけに集中できるからです。

デッサンが終わった後は妻も交えてお茶会をしましたが、妻には「伸び伸びとかけている」と、モデルさんへの妬きもちも込めてお褒めの言葉を戴きました。

 

今日は実を言うと休養したかったですが、真剣勝負をしてしまいました。

デッサンを描くことは、書いた作品は習作とはいえ、私の仕事の大事な一部です。

等閑(なおざり)にはできません。

明日は予定が何もないので本格的に休んで、ぐで~~~っとなろうと思います。

 

 

【俳句】

・さをり織り 羽織らせ描きや 新年に

・手作りの ドレス纏いや あたたかし

・ピンヒール キュッと上がりし 桃尻や

・金色の ハイヒール舞う 春の筆

・さをり織り 纏いし身体 春疼く