· 

「忍耐」

「教会と天国」 F3
「教会と天国」 F3

「忍耐」

 

 

私は、忍耐も、願望の一つだ。

苦しい事を堪えるのに、喜びを感じるからである。

本当は忍耐すれば、私はどこまでもできる。

食べなくても、傷だらけでも、どこまでも我慢できるたちだ。

 

しかし今の生活では思うようにまでは、忍耐できていない。

少し程々にしないと、家族との折り合いがつかず、現実生活が成り立たないからである。

 

私の人生は苦しみだらけだ。

しかし、苦しみと付き合ううちに苦しみと友達になった。

だからいつの間にか、苦しい事に喜びまで感じるようになったのである。

 

その友とした苦しみを耐え忍ぶという事。

普通は避けて通りたい「忍耐」。

そこに私は、幸せを感じるのである。


"Patience"

 

 

Patience is one of my wishes.

Because I feel joy in enduring painful things.

With patience, I can go forever.

Even if I don't eat or get scratched, I can stand forever.

 

However, in my current life I have not been able to endure as I expected.

This is because, if I do not do so a little, my life will not be established because I will not be able to come to terms with my family.

 

My life is full of suffering.

But as I got into the suffering, I became friends with the suffering.

So before I knew it, I began to feel the joy of suffering.

 

To endure the suffering of becoming friends.

"Patience" that you usually want to avoid.

There, I feel happy.